サプリメントの効果
サプリメントとは
サプリの注意点
過剰症
併用に気を付ける薬
主要栄養素とは

    サプリメントとは

サプリメントとは、「補うこと」を意味する「Supplement」をそのまま使った言葉です。略して
サプリと呼ばれている事が多いです。日本では食事によって十分に摂りきれていない
栄養素を補うための補助食品を総称してサプリメントといます。
プロポリスなどの成分を含んだものなど色々なサプリがあります。
サプリメントの役目は、不足する栄養素や体が欲求するビタミンを食事とは違った形で補うこと。
継続して摂取することで、体の栄養バランスを整え、体質改善をして体の不調を解決し
不調の起こりにくい健康で元気な体へ変えて行く予防医学の考え方に基づいている。
サプリメントには、天然成分を原材料に使用している植物由来のサプリメント、動物由来の
サプリメント化学合成で製造されたサプリメントに分ける事が出来ます。




    サプリメントと薬の違い 

サプリメントは薬と違い、普段私たちが口にする食品の仲間になります。ですので
医薬品と違い、副作用などの心配はほとんどありません。
しかし一般的には医薬品のような即効性は持ち合わせていません。
サプリメントは、自然の植物・動物の中に含まれる栄養素を効率的に摂れるようにしたもの
が大半で、緩やかに体質改善を促すもので、アトピー性皮膚炎に効くサプリもあります。
ですので継続して摂取する事がとても大切です。自分の身体と相談し改善の具合を見て
サプリの量を調整していきましょう。





      サプリメントで病気は治せない 

一般的にサプリメントで病気は治せません。ですので病気になったらきちんと病院に
かからなければ長引くおそれがあります。しかし栄養バランスが崩れるれることによる肩こり
疲労感、肌荒れなどの体の不調は、サプリメントで改善できる場合があります。
普段から体の栄養バランスを整え、体の不調が起こりにくい健康な体でいられるように
予防医学という観点からサプリメントを上手に使うことがおすすめです。もちろんサプリメントだけに頼って通常の食生活が偏っていては意味がないので、一日一杯の玄米ドリンクを飲んだり、他の栄養価の高い野菜を取るなどの工夫がどうしても必要になります。特に女性は美容効果などをねらって摂取している方が多いです。




      サプリメントに副作用はある??

基本的には天然物由来、厚生労働省が食品として認めたものしか原材料に使用していない
ので生産地や生産者が確認されているサプリメントは、一度に、または長期間にわたって
大量に摂取しなければ、副作用の心配はほとんどありません。
ただし、外国の産地の土壌汚染や製造プロセス、あるいは配合成分によっては注意が必要!
ちゃんと認定されたものを使用する事をすすめます。

 

 

    サプリメント摂取法 

サプリメントは基本的には食後に摂取します。通常の食事で、消化器官が活発になっている
状態がサプリメントの吸収に適しています。水溶性ビタミンは1日の摂取量を数回に分けて
飲む事で、体内で効率よく栄養素を消費する。
摂取量に関しては多少取りすぎても心配ありませんが、できるだけ1日の摂取量の目安を
飲みましょう。
お酒を飲んだ後に、肌あれ防止の為にビタミン剤を飲む人が多いですが、急激に吸収され
しまい、あっという間に排泄されてしまうのでお勧めできません。また妊娠中、病院の薬を
使用している人は必ず医師に相談してからサプリメントを使用して下さい。また、紀州の梅干専門店の梅干はおいしいですが、塩分も高いので食べすぎにはご注意を。

pickup

line 掲示板
http://sagaasu.net/line/
大阪で開催の婚活パーティー
http://splash-party.jp/
社会人サークル
http://syumicon-aiai.com/
リボンやバレッタの販売サイト
http://musee.shop-pro.jp/
本格的なインドアサバイバルゲーム
http://www.indoorfield-wtap.com/

2015/3/23 更新

Copyright (C) サプリメントの効果. All Rights Reserved.